日々に耳をすまし、うたうように暮らします。イダトピンガラ(vo)優芽の日々の記録。アイルランドと日本を行ったり来たり☆アイリッシュハープは修行中!


by idatopingala-yuga
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
大都会で暮らしたいと憧れているわけではないけれど、やっぱり東京は恵まれているなぁって、渋谷の真ん中で東京に暮らして6年目の彩萌ちゃんと話していて思ったよ。

ちょっと前にこのブログでも書いた、巻上公一さんプロデュースのボイスをフューチャーした3日間のフェスティバル、昨日が初日だったの。
あんなに濃いイベントがほんの手の届くところにある。それが東京。いいな。

こうやってわざわざ旅に出てくるのもいいけどね。
でもそれじゃたくさんは行けないからな。
「東京にはおもしろくて魅力的なひとがたくさんいる」嬉しそうにそう言っていたアヤメちゃんも、魅力にあふれて可愛かった〜♪


さて、「VOICEの挑戦」1日目の感想は・・う〜ん、言葉にするのはむずかしいなぁ。特にネット上の活字にするのは。

ひとつ言えるのは、まぁ当たり前のことなんだけど「声は発し方、受け取り方次第で、愛にも暴力にもなる」ってこと。
総勢6名のボイスパフォーマーが、順番にソロで声のみで完全インプロをするという2時間。
パフォーマーにとっても、お客さんにとっても相当チャレンジングな試みだ。
たったひとりで舞台に立ち、200人くらいかな?暗闇の中観客にぐるりと見つめられて、ひと呼吸にまで耳をかたむけられるんだ。そこで生身の声のみ(言葉は使われていなかった)にすべてを委ねる。しかも即興で。その行為そのものに、まずは敬意を示したい。

出演者6名のうち、そのほとんどが「狂気」を響かせていたように思う。あれはなんだろう。
彼らの魂がカタルシスを呼んでいるのか。それともあの場のエネルギーがそうさせたのか。もしくは、あたしの中にある同じものが、それを「狂気」と受け取ったのか。そのすべてか。
わからないけど。わかる必要もないんだろう。だってただそうなっただけなんだから。

巻上さんのホーミーが美しかった。
豊かな倍音。半透明のひかりのオーラにうっとりだった。
彼のインプロにはウキウキした。
いたずらっ子の顔をしてた。

そういえば昔、BeckがBjorkのことをこんなふうに言ってたな。
「彼女は喜びを表現するシンガーなんだ。あらゆる感情のなかで、’喜び’を表現するのが実は一番難しくて、それができるひとはとても少ない」というようなこと。
それを思い出したよ。

なにはともあれ今日は2日目!
アルタイ共和国の喉歌「カイ」の名手、ボロット・バイルシェフがやって来る。
しかも大好きな田口ランディさんにも会える!うれしいな。

では時間まで、良いお天気なので東京散策してきます☆
[PR]
# by idatopingala-yuga | 2010-03-30 12:16 | music

投げ銭ライブ in 六甲♪

4/4、阪急六甲駅、八幡神社の鳥居のすぐ南「自然派cafe ごパン」にて、ライブイベントに呼んでいただきました♪
イダトピンガラ(優芽voice、鈴木俊piano)で演奏します。
共演にはアフリカの木琴バラフォンを操る菜摘ちゃん、ウクレレアロ〜ハ〜な暢木(ノンキ)ちゃん。
お二人とも初めましての方々なので、何が起こるか楽しみです058.gif

投げ銭なので気軽にぷらっと来てくださいね。

4月4日(日)
start:18:00くらいから
charge: 投げ銭

「自然派カフェ ごパン」
阪急六甲駅、八幡神社の鳥居のすぐ南
a0153843_22384780.jpg



ゆる〜く楽しく過ごしましょう♪
[PR]
# by idatopingala-yuga | 2010-03-27 22:42 | music

大きな耳

ここのところ、妙にやる気がでなかった。

イダトピンガラというピアノとウタのデュオをやっているのだが、相方に言われてしまった。
「去年の夏とか秋とかはもっと目ぇきらきらさせて、音楽がうれしいの〜!っていうオーラ全開やったのに、今年入ってからは特にあんまりやる気なさそう。一緒にやってる者としてはさびしい」というようなことを。

そうなんだ。図星なんだ。何をやってもだるいし、身体がギュっと詰まってて、正直歌っててもあのシビレるようなアレが無いんだ。
イダピンとしては近々レコーディングが決まっているし、ライブもいくつか決まりそうだし(中にはちょっとした大舞台も!)俊くんは素晴らしい新曲を書いてきてくれたのに!

しかも個人的には憧れのアイルランド留学が控えているし、春だし、残りの日本生活を謳歌したいのに。大好きな尊敬するミュージシャンが「一緒にやってもいい」って言ってくれてるのに。
・・・もっとわくわくしててもいいはずなのに!


なんだろうなんでだろうって思ってたら、あったよ。答えが。この中に。


大きな耳―音の悦楽、音楽の冒険

W.アラジン マシュー / 創元社



このブログのタイトルにもなっている、アラジンマシュー著「大きな耳」。
あたしには一番のバイブルかもしれない。
音にたずさわるひとなら(そうじゃなくても)一度は読んでみて欲しい。すごいから。
ダーリンに勧められた本なのだが、例によって実家の本棚にも並んであった。
父親に似た男を好きになるっていうアレか。・・・やだ!・・なんかため息がでるけど、そうよ、本の趣味に共通点があるってだけよ。あの人達は別モノだもん!

まぁいいや。話がそれた。
ここにね、「やる気が起きないのは自己防衛のためである」って、書いてあったんだ。

そうなんだ。そうなの。あたし怖いのよ。
ここにきて、自分の望んでいたことがひとつずつカタチになっていく。
だけど、本当にあたしにその資格があるのか?つまりは「自分には幸せになる資格があるのか」ってとこに、もろ手を振ってGOサインが出せないんだ。

誰かが言ってた。

「いつだって
 いちばん好きなものに向かう時が
 いちばん怖くて
 いちばん傷が深いことを
 あなたはよく知っている。」

うん。自己評価が低いせいで、掴みそこねてしまったものがたくさんある。
無意識が言うんだ。「あんたなんかは幸せになっちゃいけない」って。

でもね、これも知ってる。

「ひとつ怖くて引いてしまったら
 自分がどんどんちいさくなってくことも。
 引いてしまった無事のつまらなさも。」

そう。外の世界が怖いからって、ちっちゃくっちっちゃくなってた頃、本当につまんなかった。
だから、不安や孤独からちょっとずつ芽を出して、世界とつながり始めたんだ。
それがここに来てようやく、なにかが大きく動き始めた。

あの頃からしたら、ひとりで海外で生活なんて夢のまた夢だったもんなぁ。
自分のウタがだれかに感謝されるなんて、信じられないことだったから。

そんなことを考えていたら、こんなメールがきたの。

「全部順調よ。大丈夫大丈夫。」

何も深い意味は無いのかもしれないけど、なんかありのまま全部肯定されたみたいで、うれしかったな。心から望んでいるものを受け取る勇気を持っていいし、「怖い」と思うことすら「順調」に含まれるのだ。

そう思えたら、ちょっとチカラが湧いてきたよ。
新しい曲に詩ものったよ。


everything is gonna be alright♪

大丈夫、全部順調!!
[PR]
# by idatopingala-yuga | 2010-03-24 23:46 | 日記
ヨガの生徒さん方にもきちんと報告が済んだので、ブログでもひとつ報告いたします。
直接お会いしているみなさんにはもうお伝えしているので「あぁそのことか」と思うかもだけど。

8月下旬から、アイルランドに留学します003.gif
期間はとりあえず1年間。でももしかしたらもっと長くいることになるかも?!

もともとアメリカに留学して音楽療法を勉強するつもりで準備をしていましたが、実は長いこと「う〜ん。。ほんとにアメリカ・・・?」という思いがくすぶってたの。そうこうしてたら突然のひらめき。「そうだアイルランドにしよう!」と、急遽行き先を変更したのでした。

心を奪われたのはこれ!

a0153843_1635884.jpg



ケルティックハープです。
この世のものとは思えない、天上の音。キラキラ。
もともとは古代から吟遊詩人が歌ったり語ったりするときに伴奏楽器として使われたもので、病床の王様をハープの音色で治療した、という伝説もあります。
フォルムも可愛いでしょ?
これをつま弾いてうたいたいなって、すっかりメロメロになってしまったのです。

想いはそれだけじゃなくて本当にいろんな条件が重なって、導かれるように決意した旅です。
寒い国で不安だし、大好きなひとと離ればなれはさびしいけど、なんといっても「アイルランドは妖精の国♪」兼ねてからあたし自分は妖精だと疑わずにはおれなかったので(痛)、これはチャンス!ありがたくはりきって行ってきます。

そんなわけで、8月には渡愛蘭!なのでそれまでの数ヶ月間、ジャパンを満喫したいと思います。

今日は報告でした♪
[PR]
# by idatopingala-yuga | 2010-03-23 16:56 | アイルランド

カラマーゾフ

休みだ。

仕事もない。
学校もない。
人に会う約束もない。

でもやらなきゃいけないことは山ほどあるはずなんだけど、ダメね。
身体が堕落しきってるんだもん。

あたしはひとより「休み」の時間が多いと思う。
疲れやすいのだ。
気圧の変化にも敏感だ。
人間関係にも敏感だ。
アクティブだと思われがちだが、実際は人生の大半をダラダラと過ごしている。
そんな自分にうしろめたいので、そんな日は本を読む。
本でも読んでれば正しいことをしてる気分になれるから。

で、今日読んだのはこれ。

カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)

ドストエフスキー / 光文社



実家の本棚を物色していて見つけたんだけど、前にダーリンが「1Q84も良いけどカラマーゾフも良いよ」と言っていたので読んでみました。

まだ2巻までしか読んでないから(全4巻)なんとも言えないんだけど、う〜ん・・・これ、壮大すぎて手に負えないっす!
いや面白くないわけじゃないんだけど、「な〜んにもしたくないよ〜」ってときに読むにはエネルギーが足りなかったねー。

余計疲れた。。
つづきどうしよ。せっかく半分まで読んだしな、これで辞めるの悔しいな。

う〜ん。。
[PR]
# by idatopingala-yuga | 2010-03-20 20:14 | 日記