日々に耳をすまし、うたうように暮らします。イダトピンガラ(vo)優芽の日々の記録。アイルランドと日本を行ったり来たり☆アイリッシュハープは修行中!


by idatopingala-yuga
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2011年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

a0153843_1728596.jpg



アイルランド回想記その2は
震災とチャリティーです。



この話はもうライブのMCやラジオなんかでも散々してきたんだけどね、やっぱりちゃんと記録しとこうと思って。


311、地震が起きたときはノルウェーにいました。
「日本が津波でえらいことになってるぞ。おまえの田舎はだいじょうぶか」と、アルバートが朝早くにダブリンから電話してくれて、それでこの震災のことを知りました。
それで泊まっていたホステルのロビーでニュースを見たり、iphoneでtwitterやyoutubeから情報を集め、どうやら原発もやばいらしいということを知りました。
ノルウェーには3日間滞在していて、その間コンビニで、駅で、空港で、たくさんのひとに声をかけられました。「おまえ日本人だろ?新聞で見たんだけどこれはひどいな。家族や友達は大丈夫か?」って。でもこの時はまだ、そんなに深刻にとらえてなかったんです。

それからダブリンに帰って、しばらくはインターネットの前から動けなくなりました。
画面から流れてくる映像の悲惨さに、原発と放射能の恐ろしさにからだがショックを受けて動かなかった。突然「差別」という言葉が頭をよぎった。「日本は孤立してしまうんじゃないか」と。
でもそんなこと言っちゃいけないんじゃないかって、ネット上で発言するときも、ホストファミリーや友達と話すときもすごくナーバスになった。それが原因で同居していた日本人と大げんかになったり、言いたいことも言えないし、あの時はなんていうか本当に、寂しかったんです。


そんなとき。
一番仲の良かった友達にこの震災のためのチャリティーに誘ってもらって、おそるおそる街へ出かけてゆきました。
どうやらダブリン在住の日本人でボランティアのグループを立ち上げたらしいと。
なんでも言いだしっぺはいわき市出身の24歳の女の子で、中心メンバーは20代の若者たちらしいと。




結論。
これに参加して、本当によかった。


恥ずかしながらそれまでいわゆる「募金活動」的なことはやったことがなかったし、逆に駅前とかで見かけてもなんか気後れしてスルーしていたほうだったので、最初はなかなか恥ずかしかったり怖かったり。でもそんなこと言ってる場合じゃないし、なにより仲間がいたから、すごく嬉しかったんだ。その時間はひとりでもんもん考え込まずに済んだしね。たくさん寄付をもらって、たくさん声をかけてもらって、「教会で日本のために祈ってるのよ」ってハグしてもらって。。「不謹慎」がどうのこうのってよく言われてた時期だけど、あれは心からハッピーだった。

時期的に受験の直前だったので、あんまりがっつりたくさん参加できたわけじゃないんだけど、いくつかのチャリティーイベントに参加しました。

a0153843_18134733.jpg

a0153843_1814316.jpg

これはアイルランド最大のお祭りの日に集めた応援メッセージ。
子供から大人まで、みんな快く書いてくれました。




a0153843_1818679.jpg

ショッピングモールで。
折り鶴の人気は凄まじいです。

a0153843_18185272.jpg

右のやつ、でかっ!!(笑)





a0153843_18243817.jpg

これは青空PIZZAパブにて。ラッフル(手作り宝くじのようなもの)を売って義援金を集めようという試みのイベント。

a0153843_18274982.jpg

セッションもあって

a0153843_1828850.jpg

わたしも歌ってきました!
赤とんぼやふるさとやなんかをうたったら一躍スーパースターに(笑)





そしてなんとそれが縁で
Ceól for Japan-Irish Musicians for Japan Benefit ConcertにてSean Whelan氏(Puck Fair)、 Brian Duning氏(Nightnoise)等と共演することに!!
a0153843_18303156.jpg

このときの対バンがすごすぎるのでまた改めて紹介します〜\(^o^)/





a0153843_18332283.jpg

半年間通った語学学校でもチャリティーイベントを企画してくれたよ。
いろんな国の生徒が各ブースにて自国の文化を紹介し、投げ銭をもらうというもの。
集まった金額を校長が倍にして寄付してくれました!
a0153843_1936122.jpg

「彼にジャパニーズでLoveって書いてあげたいんだけど」 と、ラブ・・愛ですね。

a0153843_1912849.jpg

ジュリア。

a0153843_1921548.jpg

おにぎり。

a0153843_1972937.jpg

浴衣!似合う!!


日本にいたらまずやらないお習字やおりがみ。
日本文化はクールだキュートだとほんとに大人気で、日本の良さ再発見でした★
そしてこれ守らなくちゃって思ったよ。




ね、楽しそうでしょ♡
日本は決して孤立なんかしてないです。


わたしがいる間だけでも、本当にいろんな場所でこのようなチャリティーがありました。
上に書いたボランティアグループ、Aid Japan (Dublin)の活動で得た義援金はなんと総額¥500万以上になったそうです!!!!Red Crossに振り込もうと銀行に持って行くと「Wow! 今までいろんなチャリティーグループが義援金持ってきたけど、お前らのが一番でかいな!」と言われたんだって^^
すごいなと思ったのは、Facebookでゼロからはじまったこの活動、動きがとにかく迅速だった。言いだしっぺのその勇気、賛同者の想いに脱帽です。
ダブリンにこんなに日本人がいるなんて知らなかったよ。せっかくできた友達ともっともっと仲良くなってから帰ってきたかったなぁ。
まぁ、また逢えるね。
こないだも関西帰国組で飲んだしね♪
ダブリンにも、まだいる。
会える。
会いたいな。




そんなわけで長くなりましたが
アイルランド回想記 その2「ダブリンでチャリティー」でした★



ちゃんちゃん



058.gif
[PR]
by idatopingala-yuga | 2011-07-29 19:43 | アイルランド
a0153843_21442564.jpg



大変遅くなりましたが本日!


行ってきました郵便局!!



イダピンワンマン「いのりのうた」の収益​の一部、募金箱に集まった義援金、そしてCDの売り上げ(総額¥75,91​0)を、東日本大震災義援金として日本赤十字に送ってきました。


a0153843_21525677.jpg



復興に必要な金額を考えるとほんのわずかな額でしかないんだろうけれど、これが今のわたしたちにできること。




どうか想いが伝わりますように!!(=´∀`)人(´∀`=)




みなさんのおかげです。心より御礼申し上げます。。m(_ _)m

ご協力ありがとうございました。
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
[PR]
by idatopingala-yuga | 2011-07-19 22:03 | イダトピンガラ
714和歌山OLD TIMEにてご一緒させていただいた鬼才ギタリスト。

鬼怒無月さん。

こんな素晴らしい動画を見つけてしまいました。




あ〜〜〜〜〜〜〜、なんでお会いする前に見つけなかったんだろう。
こんなにやさしくて、とくべつな音楽。

311以降、たくさんのミュージシャンがそれぞれにとくべつな曲を生んで、それがたくさんのひとに届いている。梅津さんの「東北」もそう。それにイダピン鈴木さんの「いのりうた」だって、もっともっとたくさんのひとに聴いてもらいたいくらい名曲なんだよ!


こんなときに生まれてくるのがこんなに愛にあふれるすばらしい音楽なんだから、日本は大丈夫。わたしたちは大丈夫だって、そんな気がしてくるね。





********************************************

追記:
さらに!こんな激ヤバい動画を見つけてしまいました\(◎o◎)/!!!!!!!

salle gaveau@okayama サルガボwith梅津和時"Pointed Red"




アンタ 見ないと 絶対に 損よ!!!!!!!
[PR]
by idatopingala-yuga | 2011-07-16 22:53 | music
こないだ知人から「なんかブログ見てる限りではアイルランドにおったような気がせんわ〜」と言われてしまったので自分でも読み返してみると、確かに!∑(゚Д゚)

アイルランドのことについて書いてるのってほんの初期だけやんか。。
張り切ってブログタイトルも変えたのに、これじゃいかんよ。いかんいかん。


というわけで、ちょこちょこ回想記なんぞを書いてみようかと思います〜。
写真をたよりにちょっとずつね。


さて、今現在「夏休み一時帰国」というカタチで和歌山におりますけども、昨年8月末〜この5月真ん中までのダブリン滞在を「アイルランド生活☆プロロ〜グ」と呼ぶことにしましょう。
これからしばらく(おそらく4年間)は、毎年夏(5月〜8月)と冬(お正月前後1ヶ月)を日本で、それ以外をアイルランドはリムリックというところで過ごすことになるんじゃないかと思います。ので、本番はこれから!実際内容的にも、やっと音楽に集中できる環境になるのでね、今までのはほんの序章ですね。
素晴らしく充実した序章だったけどね!!



さてと。
どうしよっかな。

とりあえず手始めに、アイルランドの風景的なところからいこうかな。
a0153843_1532824.jpg

まずこれ。見たら解るけど飛行機から。

うん。なんていうか、みどりだね。
アイルランドはたぶん98パーセントくらいの土地がみどりなんじゃないかと思います。

a0153843_154077.jpg

a0153843_15405520.jpg

a0153843_15403287.jpg

自然も。(あ!バリーリンドンという映画にでてきたお城(σ゚∀゚)σYO!!)




a0153843_15412536.jpg

a0153843_1541454.jpg

a0153843_154225.jpg


牛と馬と羊のごはんも。(羊は人口より多く、同国のCO2はほぼ牛のゲップによるものという噂アリ。)


a0153843_15423215.jpg

庭も。(このトリイみたいのは、日本大好きホストパパのアルバートが京都かどっかで見たトリイに感動して自作したもの)


a0153843_15425428.jpg

フットボール場も。(近所。通学路。)


a0153843_15434875.jpg

公園も。


a0153843_16173834.jpg

レプリコンおじさんも(妖精・・・らしい。よく鼻ほじってる。)。


a0153843_1619113.jpg

クリスマスのショーウィンドウも♡


a0153843_15444124.jpg

ヒトも∑(゚◇゚ノ)ノ。(セントパトリックスデイ☆アイルランド最大のお祭り)

a0153843_15451438.jpg

あ。おしり。


なんかこのお祭りの日はギネスとか川(!?)とかもみどりになるんだそうな。
あたしはお目にかかれなかったけども。



みどりはいいね。
ほんとにきもちいい。
ベタな言い方だけど癒されます。

実際あたしが住んでいたダブリンはあんまりみどりくないんだけどね。
一歩飛び出せばそこはみどりの国


遊びにいくと良いよ!



なんだか知らないうちに「みどり特集」になっちゃった。
次回はなんだろな。そのときの気分だな^^



またね〜

072.gif
[PR]
by idatopingala-yuga | 2011-07-16 16:30 | アイルランド
a0153843_030579.jpg



すんごい嬉しかった♡


梅津和時さんと鬼怒無月さんのデュオツアー、和歌山OLD TIMEのOAを勤めさせていただきました!
前回の記事にもちょっと書いたけれど、これはもともと和歌山が誇る若手実力派ピアニスト田中鮎美ちゃんと我らイダピンの鈴木さんがふたりダブルピアノでインプロをするという企画だったんだけど、こんな素晴らしいおふた方の前座なら「ちょっと待ってあたしもやりたい!」と半ば強引に割り込んで(苦笑)実現したセッションでした。まぁ結果的に「やっぱり声があったほうがイイネ!」というかんじになれたので、これでよかったのでしょう。

というかそんなことよりあれよあれ!
あのこと言わないと。

仙台出身の梅津さんが311以降に書かれた(作詞はおおたか静流さんによるもの)とても素晴らしい名曲、「東北」
一緒に演奏させていただきました!

a0153843_0534941.jpg



「東北」。
そりゃあもう梅津さんにとっても大切な、特別な曲だろうし、わたしたちもしかしたらとんでもなく図々しいお願いをしてるんじゃないだろうかって、そりゃもう内心すごいどきどきしながらお願いしたんよ。一緒にやらせてもらいたかったし、どうしてもこの曲がよかったからね、ちゃんと譜面かいて。歌詞もYoutubeで聞き取って覚えて。

そしたら本当に快く、逆にうたってくれてありがとうと言っていただけて。。

同じステージ上で聴く(というより体感する)梅津さんのサックスは、そりゃもう圧倒的で、ひとりだけ生音(マイクなし)だったにも関わらず、若手3人はついていくのに必死でした。。
うれしすぎて、録画したものを確認するといつにもまして満面の笑みが気持ち悪い(あたしね)くらいでしたが、一流とはかくもちがうものかと、生意気にも悔しかったのも事実です(爆)


a0153843_0533715.jpg




ありがたいことに、「これからも『東北』演奏してください」って言っていただいたので、がんがんカバーしていきたいと思います!



もちろん本編の鬼怒さんとのデュオも素晴らしかったし、鮎美ちゃんとのインプロもすごく楽しかった!彼女はこの秋からノルウェーに留学されるので、アイルランドとご近所同士向こうでも一緒にギグとかやれたらいいなぁ♪ほんとにね、エッジの効いたクールなピアノ。「音で語る」ピアノなんよ。美人やしね!


打ち上げもたのしかったな〜♪
ちゃんと「あのときはすみませんでした!」って言えたし(爆)

そんなわけで最後に記念写真をもういちまい〜☆
a0153843_054096.jpg





035.gif
[PR]
by idatopingala-yuga | 2011-07-16 01:13 | イダトピンガラ
7月14日 OLD TIME×お還りなさいpresents 『梅津和時×鬼怒無月duo tour』


a0153843_15243474.jpg



公演日2011年7月14日(木)
地域和歌山
会場ライブハウス OLD TIME
時間開場19:00 / 開演20:00
料金前売¥3,000 当日¥3,500 (+1drink)
出演梅津和時(sax.cl)×鬼怒無月(Aco.gt)
O.A:田中鮎美(Piano)×鈴木俊 (Piano / from イダトピンガラ)
お問い合わせお還りなさい
OLD TIME 073-428-1950
備考

和歌山発信音楽イベント「お還りなさい」と、和歌山が誇る老舗ライブハウスOLD TIMEの共同企画が実現!
今回のゲストアーティストは、故・忌野清志郎のRCサクセションのサポートメンバーとしても名高いサックプレイヤー梅津和時氏に加え、ROVO等で活躍のバイオリン奏者勝井祐二とのレーベル「まぼろしの世界」や、灰野敬二、吉田達也、山下洋輔、カルメン・マキetc..多数共演の怒涛のギタリスト鬼怒無月氏とのデュオライブ!Jpop~ロック~フリージャズ~アヴァンギャルド~プログレッシブロックといったフィールドで活躍する両氏のセッションは必聴!!
そして和歌山在住若手実力派ピアニスト、田中鮎美×鈴木俊(from イダトピンガラ)によるインプロビゼーション(即興演奏)を中心としたこの日だけの特別オープニングライブ!vo.優芽も参戦決定!!平日!しかし!刺激的な夜になる事間違い無し!!



****************


わたし、じつは、梅図和時さんとご一緒させていただくのは2回目なのです。
10年ほど前に、梅図さん率いる「こまっちゃクレズマ」という素晴らしいバンドのOAを勤めさせて頂きましたが、わたしがあまりに若く未熟すぎて(というか大バカ者で)ごあいさつも充分にうまくできず、打ち上げをすっぽかして帰ってくるという大無礼を働いてしまったのでした。。。

それ以来梅図さんの素晴らしい活躍を拝見する度に胸が痛み、情けない気持ちと申し訳ない気持ちでいっぱいだったのですが、今回ようやく!ご本人にお会いして「ごめんなさい」が言える!と今から心しておりますです。はい。。


そんな裏事情は別として!この日は田中鮎美さんというこれまたエッジの効いた若手美人ピアニストとウチの鈴木のダブルピアノインプロ!それにわたしがボイスで絡んでみようと思っております。
いつものイダピンとはひと味ちがう!即興だけになにが起こるかわかりません!
ぜひ、体験しに来てください♡


鬼怒無月さんとははじめてお会いします。もうね、すごいよね。名前!!
この名前からしてタダモノでは無いことがわかりますね。
楽しみすぎます^^


では最後に、宮城県出身の梅図和時さんが311以降に作曲された曲、「東北」をどうぞ。
おおたか静流さんが詩をつけられたそうです。
本当にうつくしい。大好きなテイクです。(あ!となりに七尾旅人さんがいる!)


[PR]
by idatopingala-yuga | 2011-07-09 15:48 | イダトピンガラ
でもこのまま書かないわけにもいかない!
ので、ようやくブログに向かっています(苦笑)



前々回の記事のしめくくりは「今年の目標、ブログを更新する!」とかだったと思うんだけど、全く実行できてませんね(爆)


しかも、絶対的に記しておくべき大切なことがあるにもかかわらず!!!



そうです。626です。
カフェリエール「いのりのうた」、です。

a0153843_18363518.jpg


満員御礼アーンドUstreamにて137人試聴御礼!の大盛況でした♡
来て下さった皆さま、Ustで観て下さった皆さま、スタッフの皆さま、心よりお礼もうしあげます。
もうね、本当に素晴らしかったんだ。
もうね、ずっと胸がいっぱいで、なかなか気持ちが落ち着かなかったんだ。

それともういくつか、なかなかブログに記録出来なかったのにはわけあって。。

なにしろ清算がまだ終わっておらず(爆)したがって義援金の送金もまだ済んでいないこと。(ごめんなさい。清算が終わり次第迅速に送金してこのブログとオフィシャルHPにてお知らせします。)

そしてなんと、当日の写真が手元に一枚もないこと!(;^ω^)
*じつは実父(敏腕カメラマン)に撮影を依頼しておいたのですが、「現場があまりに幻想的な空気に包まれていたのと超満員だったので、動き回って写真なんか撮ったら他のお客さんに迷惑だから」という空気読み過ぎ!気遣いどうもありがとう!な理由で役割を放棄されてしまったのでした(汗)

というわけで写真!さりげなく撮って下さっている方がいらしたら送って下さい!おねがいします!!

***************

(追記:ぶっちーさんが気を使いながらさりげなく撮ってくださった写真が届きましたので紹介します^^)
a0153843_224040.jpg

a0153843_2245384.jpg


(ぶっちーさん、ありがとう♪)
***************


Ustreamのほうはアーカイブに残してもらっているのでいつでもご覧頂けます♪


♪第一部♪こちら

♪第二部♪こちら



第一部のハイライトはなんといってもミオジョウ氏との即興コラボでしょう。
楽しかった〜♡&お客さんにも大好評でした。
ミオジョウ君かっこよすぎるよ。惚れてまうよ。才能に嫉妬しちゃうよ。
Ustの手配やなんかも彼がさくさくさくっとやってくれました。ほんと大感謝です。

第二部は、そうね。
この「いのりのうた」の中核になる演出があって、これは残念ながら動画では確認してもらいにくいんだけど、「赤とんぼ」をアカペラ(マイクなし)で歌った後、10分間のスピーチをしました。内容はあたしが震災後にアイルランドで体験したことや考えてきたことなどについてです。そしてお客さん全員の手元にキャンドルを灯し(60本以上!)、君が代のピアノ演奏に続いて1分間の黙祷を捧げ、しめくくりに谷川俊太郎さんの「生きる」を朗読しました。

火を使う演出だし超シリアスなものだったので実行するには勇気が必要だったし、実際目の前の彼のろうそく(だけ!)がエアコンの風によってメラメラ燃えていてハラハラする場面もあったけど、みなさん怪我もなく、真剣に集中して聞いてくださったので、とても美しい空間になりました。

その後はフィッシュマンズのカバーやイダピンおなじみのオリジナルで気分転換。


そして新曲「いのりうた」。



この名曲に歌詞をのせて、はじめて披露させていただきました。



でもね、アンコールがピークだった。
今回どうしても歌いたかった曲「いつも何度でも」



チェルノブイリ出身の彼女の歌を聴いて、この曲の素晴らしさに気づかされました。
最後に「らららんらんらんら〜らららら♪♪」って歌うとこ、会場のみんなでうたいました。
したらね、アレが起こった。アレ
瞬間空気がきらめいて、光に包まれるあの感覚。からだが1センチほど浮き上がって、全身の産毛がざわわってなるアレ
みんな笑顔。声も大きい!
頼んでもないのにハモっている!!!!(笑)
素晴らしいです。


後から聞いたハナシ。
コンサート終了後、愛すべきお客さん方(おっさん爆・・や、お兄さんや、お姉さん方)がウキウキと「らららんらんらんら〜ららら♪」とうたいながら帰っていかれたそうな。





幸せなコンサートでした。。。♡

音楽が担う役割、最高に体現出来たんじゃないかしら^^
こんな幸せな体験しちゃったら、もう知らなかった頃には戻れない。
もっとやりたい。もっともっともっと。

どかーんとゆるぎなく。
いつまーでも。
どこまーでも。

音楽と歩いてゆくのです。



最後に、毎日新聞さんがこのコンサートを記事にしてくださいましたので、貼付けて終わりたいと思います。


みなさま、本当に本当にありがとうございました!!!



***********************

(以下引用文)毎日jp  http://mainichi.jp/area/wakayama/archive/news/2011/07/07/20110707ddlk30070447000c.html


輝集人:大震災被災地復興ライブを開いた歌手、優芽さん /和歌山

 ◇たどり着いた音楽で応援--優芽さん(28)
 留学先のアイルランドから夏休みで一時帰国し、自身のユニット「イダトピンガラ」の初めての単独ライブを6月26日に和歌山市のカフェで開いた。東日本大震災の復興を願う新曲「いのりうた」も披露。原子力発電に対し無関心だった自分の「罪」を思い、一人一人が責任を持って考えていこうと、「僕の罪も君の涙も今はここに抱いて祈ろう」と歌った。ライブの収益の一部を被災地に送る予定だ。

 会場は満員の63人が訪れ、幻想的な雰囲気に包まれた。ユニットを組む鈴木俊さん(25)=兵庫県宝塚市出身、和歌山市在住=のピアノ演奏で、自作の歌などを披露。震災犠牲者に黙とうをささげた。

 同国では、福島県いわき市出身の女性が発足させたボランティアグループの一員として、募金活動やチャリティーコンサートに参加した。見知らぬ人から「家族は大丈夫か」と心配されることも度々あった。「震災を忘れられたり、無関心でいられることが一番つらいが、アイルランドの人は違った」。自分も被災者に気持ちを伝えたいと、ライブを企画した。

 高校卒業後に神戸市の音楽専門学校に入学、ボーカルを専攻した。2年生の時に休学してバンドを始めたが、他人の才能に嫉妬し、焦りから孤立した。3年間でバンドをやめ、ヨガのインストラクターに転身。約5年間、和歌山や大阪で教えた。インドの道場で3カ月間学んだ時、貧しい中でも生き生きと暮らす人や、自分の歌で喜んでくれる人に出会った。瞑想(めいそう)にふけり、自分を見つめる中で「自由に生きていい。何もなくても歌えたら」と思った。

 09年、専門学校へ戻った。その矢先に病気で声が出なくなった。その時に声を掛けてくれたのが、同じ学校に通っていた鈴木さんだ。作った曲に詞を付けるよう頼まれた縁で、ユニットを結成。専門医に診てもらうと声も出るようになり、ライブやCD制作を始めた。

 「音楽は人を慰めたり、元気づけたり、大事なことを思い出させたりする。聞いてくれた人の生き方や考え方を肯定し、応援したい」と語る。夢は「みんなに幸せな音楽を届ける、花咲かばあさんのような音楽家」、そして「ワールドツアー」の開催だ。【御園生枝里】




***********************
[PR]
by idatopingala-yuga | 2011-07-08 19:01 | イダトピンガラ