日々に耳をすまし、うたうように暮らします。イダトピンガラ(vo)優芽の日々の記録。アイルランドと日本を行ったり来たり☆アイリッシュハープは修行中!


by idatopingala-yuga
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2010年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ダブリン郊外のとてもうつくしい朝。
a0153843_3411641.jpg




今日は語学学校の初日でした。
昨日下見をしていたので迷わずに行けたけど、レベルチェックのテストや新しい人間関係づくりが待ち受けているので緊張感はMAXです。

正直に言おう。
以前は英語の学校に通ったりして勉強もそこそこしていましたが、ここに来るまでのおよそ1年間、ほぼ全くといっていいほど(英語に関しては)なにもしていませんでした。
だってイダピンとか神戸通ったりとかヨガしたりとか忙しかったんだもん!

それにしても本当にな〜んにもしていないまま来てしまったので、今日のテストにビビりまくり。
グラマー50問とライティング150字ほどの問題でしたが、やっぱりブランクのせいかさっぱりです。
特にライティングに関しては、「my family」という一番書きやすそうなタイトルを選んだのが裏目に出たのか、


「これからわたしの家族を紹介します。
 わたしのお父さんは内科医です。彼は田舎町でクリニックを経営しています。彼は昔は頑固でしたが 今では・・・・・・・・・(以下省略)。
 わたしのお母さんはサイコセラピストです。彼女がそうなるまでには長い歴史があります。・・・・(以下省略)
 わたしのお兄さんはステーキハウスで働いています。・・・・(以下省略)
 これがわたしの家族です。」


という中学生レベルのひどい作文を書いてしまいました。
一応正式なエッセイの書き方も学んだし、ある程度むずかしい文章も書けていたはずなのに!!
自分のふがいなさに大きなショックを受けつつ、テストの結果を待つことに。。。


結論から言えば、なぜか「GENERAL STANDARD ENGLISH upper intermediate ~ advanced」というスターターとしてはかなりハイレベルなクラスに入れられてしまいました。
あれでよかったの?!本当に?!あの作文で「アドバンスト」なの???


一抹の不安を抱えつつ教室に入ると、10人ほどのヨ〜ロピアンが。
このクラス、新入生はどうやらわたしひとりだけらしく、しかもアジア人もわたしひとりだけらしく(というかクラス10人中8人がイタリアン)緊張感はふたたびMAXです。

そして授業開始。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・もうね、何行ってるかさっぱりわかんないよ!なんでそんなにペラペラ長くしゃべれるんだよ!っていうかお前ら18歳とかでなんでそんなに自分の意見しっかり持ってるんだよ〜〜〜〜〜〜!!!!!


あたしこっち来て3日目だけどさ、正直日常会話そんなに困らないし、小心者だけど度胸だって愛嬌だってきっとある方だよ。

だけどこれには凹んだ。正直終わったあと教室出てからちょっと泣いた(大げさ)。
でもね、となりの席のドイツ人の女の子(たぶん同い年)、やさしかったよ。

「いやいやあなた大丈夫よ。まだ耳が慣れてないだけよ。3日も経てば平気になるわ。イタリア人が大きなグループつくってのさばってるからやりにくいけど、どうせあのこ達は3週間もしたらみんな国に帰るからね。ペース乱されちゃだめよ。あたしも初日はとってもナーバスだったの。あなたひとりで来たの?でも大丈夫、友達もすぐに増えるわ。」


先生も、ホストファーザーもやさしかったよ。

「君は大丈夫。来たばかりだからそんなもんだよ。でも解らなかったら、遠慮せずに聞き返すんだ。君はオリエンタルスチューデントなんだから、英語にチャレンジすること自体、あのこ達より難しいことをしてるんだよ。彼らの母国語と英語はとても似ているし、文法なんか同じなんだからね。君は恥じるべきことなんかなにもないんだよ。とにかく2〜3日はようすをみてごらん。」


うん。わかった。様子をみてみるよ。
それにしても危機感を覚えた。真剣にやらなきゃなぁ。。

・・・・・ん?・・・・・あれ?!申し込んだコース、一つ足りないんですけど?!
「GENERAL STANDARD ENGLISH」と「IELTS PREPARATION」。両方申し込んだはずなのに、手元には「GENERAL STANDARD ENGLISH」の案内しか来ていない。

優芽「あの〜、このアイエルツのやつも受ける予定だったんですけど・・」
スタッフ「あぁ、それならゼルダ(管理者っぽいひと)に聞いてくれ」

優芽「あの〜、このアイエルツのやつも受ける予定だったのに登録されてないんですけど・・」
ゼルダ「あぁ、それならあなた、そのコースの授業料を払っていないからよ」
優芽「本当に?ちなみにおいくらですか?」
ゼルダ「それは解らないわ。このオフィスはそういう担当じゃないの。でもそのコースを受けたいなら授業料払ってね。」

え〜〜〜。。。どういうこと?!いいもん他の人に聞いてやる!!

優芽「あの〜、このアイエルツのやつも受ける予定だったのに登録されてないんですけど・・」
JOE「本当に?OK、調べてくるから待ってって。」
・・・・・・・・・・・
JOE「あぁ、君はそのコースを受けることになっているね。それなら明日ゼルダに聞いてごらん。どの教室に行けばいいですかって。」
優芽「ゼルダとはさっき話しました。彼女はわたしが授業料を払っていないから、受けたいなら払えと言っていました。」
JOE「それは参ったな。でも大丈夫。支払い済みだってジョーがチェックしたって言えばいいよ。他のことは何も言わずに、教室の場所と時間だけ聞くんだ。いいね?」


なんてことでしょう。。
アイリッシュは仕事がゆるいと聞いていたけど、さっそく我が身に降り掛かってきましたな。
自分がしっかりしなくちゃな。やれやれ。





そして午後からはオリエンテーションツアー。
学校周辺でもあるダブリンの中心部を案内してもらいます。
a0153843_4191825.jpg



トリニティカレッジ。
a0153843_421956.jpg


そして初!ストリートハーピストに遭遇♥♥♥
a0153843_4242529.jpg



その後はプリペイド式の携帯をGETしてきました!
日本で携帯を買うイメージで、書類記入したりなんやかんや大変なのかと思っていたけど、なんのことはない簡単に買えたしその場で使えました。

NOKIAの一番安いやつ。
今日出来た日本人の友達が日本で契約して持って来てたのと同じ機種にしたよ。
つくりがチープすぎて逆に使い方がよく解らない(笑)
a0153843_4265225.jpg



そしてバスに乗って帰宅。
バス、昨日ほどは緊張しなかったな。ちょっとずつだな。

そして今日も素晴らしく美味しいディナー(手作りラザニア!)をいただいて、今これを書いています。
なるべく記録に残しておきたいもの。
今は全部が新鮮だしね。

学校に関してはまだまだ不安が残るけど、まぁなんとかなるでしょう。
[PR]
by idatopingala-yuga | 2010-08-31 05:03 | アイルランド

来ちゃった♥

アイルランド。



a0153843_463797.jpg



おおきな荷物をたずさえて(超過料金がおそろしいことに008.gif
a0153843_411026.jpg



乗り継ぎ(フランクフルト)では緊張し
a0153843_414214.jpg



やっとの思いでたどり着きました。
a0153843_4175442.jpg



空はあおく
a0153843_4193569.jpg



ホームステイのおうちは可愛い。
a0153843_4231645.jpg

a0153843_4212426.jpg




ホストファミリー(老夫婦のアルバートとヘレン。それに留学生で韓国人のデイサン。写真は後日。)は素晴らしく親切です。

料理は素晴らしく美味しいです。(アイリッシュは料理をしないと聞いていたのに!写真は後日。)


明日から学校がはじまるので、今日はバスに乗って場所を確認してきました。
日本のバスのように親切なアナウンスなどは無く、自分で道をちゃんと把握していないと目的地に行けないので必死です。
でもなんとか帰って来られて安心。(というか行って帰ってくるだけでぐったり。。)

あとは、iphoneを持って来たのに充電器を忘れたのでこちらのボーダフォンで買ってきました。




・・・・・・・・・・・・って、あれ?!?!
それだけしかしてないのに疲れきっている・・・・。



やっぱりあれか
ジェットラグと英語づけで軽くパニック。。。。
あたまが朦朧としているよ〜〜〜〜。

まだまだこっちにきて2日目なんだ。焦らずにちょっとずつやろう。



とりあえず明日はがっこ初日なんで、はりきって行ってきます!
[PR]
by idatopingala-yuga | 2010-08-30 04:40 | アイルランド
いよいよです〜〜〜003.gif

あしたの10時の便でアイルランドに飛びます。
やっと準備も完了して一安心。


さて、旅立ち直前まで続いた「イダピンレコ発ツアー」!
822の和歌山プレゴ、そして急遽決まった825のHERONでのシークレットライブ(?)、両日ともなんていうかもう・・・・・とても言葉になんかできないよ。
ほんとはちゃんとレポしたいんだけど、もうなんだか気持ちがいっぱいいっぱいでうまく書けないっす。ごめんなさい。

なのでせめて写真でお伝えいたします〜!

822 PREGO night rush!

a0153843_19474028.jpg

VJかっこいいね。JOEくんありがとう!

ここから
a0153843_1950887.jpg


こーなって
a0153843_201456.jpg


こーなる(笑)
a0153843_19521578.jpg

盛大な拍手にのせられるとこうなります。



CDたくさんお買い上げありがとうございました〜♥
ご希望があればサインもハグもします。
a0153843_19594093.jpg



最後にふたりでパチリ☆マネキンみたいに写りましたね。
a0153843_204891.jpg



そして忘れちゃ行けません。共演の「わかやま絵本の会」松下千恵先生!
お写真が手元になくてごめんなさい。。
ご一緒できてうれしかったです。
大人気の先生なので、会場にはこどもがいっぱいでした〜〜〜〜♪♪♪






続いて825HERON シークレットライブ(?)


a0153843_2072654.jpg

この日はもうほんとヘロンにハメラレタ!ってなライブでしたが(笑)かえってとっても幸せな、ある意味ではイダピンベストライブだったかもしれません。

ヘロンのマスターから「出発前にうちでライブやってよ」と言われていたのですが、あまりにも直前で忙しいので「え〜ごめん無理です」とお断りしていました。でもまぁウチから徒歩5分だし、「ピアノがあるなら、飲みに行ったついでに2曲うたう、ぐらいだったらいいよ」という話をした翌日、家着&すっぴんで出かけてみると、なんと店内には「イダピンを観に来た」というお客さんが30〜40名ほど!!!!!!昨日の今日だし、そもそも「ライブ」とかじゃないし、お客さんはええとこ4〜5人だと思っていたのでびっくりです。
マスター、電話で招集をかけてくださったそうですよ。じ〜ん。。。

って、いやいや!
ナンカちゃんとライブせなアカン雰囲気・・・・・?!

結局、「リクエストにお答えする」というカタチで30分ほど演奏しましたが、なんともゆるい、超アットホームなステージでしたとさ♪ 
しかし異様に盛り上がってたな(笑)


「和歌山」というホームで、実はあたしいろんな人にめっちゃ愛されてたんじゃないかって、本当にうれしかったんです。やってるときはびっくりしててよく解んなかったけど、家に帰ってからそれに気づいて、ちょっとだけ泣いてしまった。



そうして旅立ちの実感がようやく湧いたところです。
みなさまどうかお元気で。
アイルランドからもブログ更新するから、ときどき覗いてみてね〜☆


アデュ〜071.gif
[PR]
by idatopingala-yuga | 2010-08-27 20:42 | 日記

TOKYO 3DAYS を終えて

昨日、和歌山に帰ってきました〜。

10日からはじまった「イダピンTOKYO 3DAYS !」4泊5日で行ってきたよ!
非常〜〜〜〜〜〜に濃密で大変意義のある、重要な体験になったと思います。

新たな自信と確信を手にして帰ってくることができました。
イダトピンガラを今後どういうふうに動かしていくのか、真剣に考える時期がきたようです。
アイルランドの滞在期間、もしかしたら予定よりぐっと短くなるかもしれないなぁ。

いやいや「急がば回れ」。だけどチャンスは掴みたい。
さて、どうしたものかな。
渡愛蘭まで2週間を切ったので、とりあえず行ってから考えよう!
怖くないよ。
望んだものを受け取る勇気を持つだけ。
願いは叶うもの。
最良の選択ができるはず。




話を東京3デイズに戻しましょうか。
今回は’初めての東京ライブ。@池袋「鈴ん小屋」、@渋谷「七面鳥」、@新宿「白龍館」と、都内のわりと近いところでのツアーとなりました。
コーディネイトしてくださった井沢彩萌ちゃん、高橋全さんに感謝します。

近場と言ってもところ変わればひとも変わる。
3っつとも全くちがったエネルギーが、本当に面白かったです。



a0153843_155528.jpg

これは鈴ん小屋さんで。

この日は盛りだくさんだったので、時間がなんと1時間以上も押してしまい、トリのイダピンはなんと22:15スタート!(苦笑)帰りはじめるお客さんも目立つ中、どうも会場がぐったり疲れているようす。。
なのでイダピンは急遽セットリストを変更し、アッパーな曲を外して完全にチルアウトに徹しました。
大盛り上がりの大成功!とは言えないけれど、あの状況においては最良の選択だったんじゃないかしら。鈴木さんに言わせれば「みんながすごく集中してるあの静寂が快感」だったみたい(笑)



イダと
a0153843_1553754.jpg

ピンガラ
a0153843_1555847.jpg

そしてこれは@七面鳥。

個人的にはね、これが東京ベストライブだった!
決め手はブッキング担当スタッフ稲川さんの人柄・・・というか仕事のよさでしょう。
私たち出演者が安心して気持ちよく演奏できるように、どんどんコミュニケーションをとってやりやすいムードを作ってくださったおかげで、この日は出演者もお客さんもみんなが満足できたいいイベントだったと思います。
ライブハウスであんな素晴らしいスタッフさんに恵まれることは、実は意外と少ないものです。
ミュージシャンのみなさん、ここ、良いハコですよ〜!

*余談ですがここ、立地はまさかのラブホ街!愛を込めて言うけどさ、信じられない店構えで、正直店の中に入るまでは帰ろうかと思いました(笑)あぁ、写真撮っとけばよかったなぁ!




そして@新宿「白龍館」!
ちょうどいい写真がまだ手元にないので、もうちょっとまっててね。
その代わりじゃないけど、白龍館のブログに動画がupされていました〜。(知らなかったのでびっくりしました〜)
アンコールのひとコマですね。共演のすずしろたまねさん、高橋全さんとのお遊びコラボシーンです。


たまねさんと高橋さん、おふたりとはなんと5日間滞在のうち3日も一緒に過ごしておりました。
本番前々日のリハと、前日の七面鳥ライブにもお越し下さったのですが、ほんっと〜〜〜〜〜うに楽しかった016.gif
やっぱりその業界でキャリアを積まれてきた方の話というのはとても興味深いですし、たまねさんのお人柄が可愛くてかっこよくて、一緒にいてとてもしあわせでした。大好きです。

この白龍館で学んだこと。
たくさんあってとてもここには書ききれませんが、そのなかのひとつとして「お金」のことがあります。大事なことでしょ?
お金の話ってのはやっぱり、音楽業界でもオープンに語られることはあまりありませんが、いわゆる「ブッキング形式のライブハウス」というところは、はっきり言って収入と言えるほどの黒字にはならないシステムのところがほとんどなんです。
だけど今回この白龍館で、イダトピンガラとしては初めて(CDの売り上げも含めて)「ギャランティ」と胸を張っていいようなまとまった額をいただくことができました。とは言っても、イダピンは東京でたくさんのお客さまに来ていただけるほどの認知度はまだありません。これはもちろんひとえに共演のすずしろたまねさんのおかげなので、本当の意味で「自分で稼いだ」とは言えないかもしれませんが、それでもプロとして、自分の演奏がある程度のお金として返ってきたことは、とても重要な経験だったと思います。

もちろんそれだけではなくて、お客さん、みんな本当にいい笑顔だったから、やっぱりうたっててよかったって、イダピンをやっててよかったって、もっともっとたくさんのひとに届けたいって思ったよ!


そして、イダピンならそれができるって確信した。
東京ツアー、それが一番の収穫です。


関わってくれたみなさん、本当にありがとう!!
ハグ
[PR]
by idatopingala-yuga | 2010-08-16 17:10 | music
ここ1年くらいかな。
イダピンのパートナーでもある鈴木俊と一緒に、クンダリーニヨガという相当マニアックなヨガを習っています。スケジュールが合わないのと教室が遠方なので最近はずっとお休みをしていたんだけど、先生の方から「旅立つ前にふたりでいらっしゃいよ」と、わざわざご招待していただいたので、ならば最後にごあいさつを、と昨日久しぶりに六甲の健康道場サラシャンティというこれまたマニアックなスタジオに行って参りました001.gif

大体5〜10人のお姉さま方がクラスの主なメンバーなのですが、数あるヨガの中から「クンダリーニヨガ」を選ぶという時点でまたこの方々のマニア度が伺い知れます(笑)すごくあったかくてたくさんコミュニケーションがあって、本当に大好きなクラスです。

わたしはどちらかというと「行ったり行かなかったり」の不真面目な生徒でしたが、先生が最後に「優芽さんがアイルランドに行かれるというので、今日は最後にお呼びしたんです。」「みんないつでも待ってるから、がんばっておいで。」って、ああいう場をもうけてくれて、「あたしはちゃんとここのメンバーとして受け入れてもらってたんだなぁ」って、すごく嬉しかったです。
こういうことがちゃんと出来るから、十何年もヨガの先生を続けてこられたんだなぁって、中山先生を改めてリスペクトしました!

たまたまそこのスタジオにピアノがあったので、最後に1曲うたわせてもらいました♪
そしたらなんと、その日たまたま持っていた(というかご招待のお礼に先生に差し上げようと思って持っていった)CDを皆さんが買ってくださって、なぜかその場でサイン会(笑)「営業しに来たわけじゃないんだけどなぁ」なんて言いながら、やっぱりとっても嬉しかったです。
帰り際に全員とハグをしてお別れをしました♥
幸せや〜。。。
ありがとう。。。。


帰って来たら絶対にまた行く!!
みんなも行くといいよ。クンダリーニヨガ、おすすめしときます。キワモノ加減を楽しめる方ならぜひ。効果は絶大です。






さて、話は変わって今日。
免許の更新と「自動車国際免許証」をつくるために、あの忌々しい「交通センター」に行ってきました。(仮免の実技試験で10回以上落ち続けて挫折した経験アリ)

予想以上に時間がかかってぐったり・・・でもちゃんとGETしてきたよ!
a0153843_2154939.jpg


じゃ〜〜ん!!


でも日本でもペーパードライバーなのに、アイルランドで運転するんかな??
まぁいいか(笑)


そうそう!交通センターに向かうとき超素敵な電車に乗ったの〜053.gif
その名もたま電車!!!!

これについては改めて書きます。
今日は写真を一枚だけ☆
a0153843_21282042.jpg



あの和歌山電鉄が誇るスーパー駅長のたま駅長のアレです。

この電車、中もすごいことなってます(笑)
[PR]
by idatopingala-yuga | 2010-08-06 21:39 | 日記

あと少し!

a0153843_220076.jpg

(写真は先月、淡路島にて)



今日で放送大学の単位認定試験もおわり(ナメてた!結構難しかった。。)、渡愛蘭までとうとう1ヶ月を切りました。
そろそろパッキングと同時に我が家の身辺整理をしていかなきゃ。
一軒家にひとりで住んでいるので、お片づけのスケールが大きくて考えるだけで途方にくれますが、気持ちがアイルランドに向かうので楽しい♪お金はかかるけど、色々買いそろえていくのも嬉しい♪デジカメとか。

そしていろんなひとが「行く前に会おう」と会う機会をつくってくれるので、なんだか本当に嬉しいです。こうやって見送ってもらえるんだ〜って♥


それになんといっても、8月は出発ギリギリまでライブをします!
東京で3DAYSもします!
旅立ち直前にライブをして、「いってきます」「いってらっしゃい」って出来るのって幸せなことだなぁ。。


ちょっとここでお知らせさせてね☆


*************************


8/10 Tue. @東京 池袋
鈴ん小屋(りんごや)
出演: イダトピンガラ/井沢彩萌/育とアッキー/他


【開場/開演】18:30/19:00
【Ticket】前¥2000/当¥2500(D代別途)


イダピン東京進出です。
鈴ん小屋さんは3DAYSのうちの初日!その名も「イダピンレコ発ツアー」!!
・・・ありがとうございます012.gif
お友達の井沢彩萌ちゃんに呼んでもらいました♪ナチュラルで可愛くて美人!!彼女のしなやかなライフスタイルには憧れます。
上質POPを聴かせてくれるよ♪




************************



8/12 Thu. @東京 渋谷
七面鳥
open 18:00 start 18:30
Adv ¥2,000 Door ¥2,500
1Drink ¥500

出演: イダトピンガラ/OLD STORM/石井歩/Gravily/蓮沼ラビィ



3DAYS 2日目!!
ほっくり素敵なお店ですにゃ〜♪ いつもとはちょっとちがった、カジュアルナチュラルめのイダピンになりそう・・・・かも?!




**********************

8/13 Fri @東京西新宿
「白龍館」
すずしろたまね & イダトピンガラ at 白龍館スペシャルナイト

open 18:00 start 19:00
charge ¥3000(1drinkつき、別途食事のオーダーをいただきます)

すずしろたまね(唄)& 高橋 全(ピアノ)
イダトピンガラ:優芽(唄)& 鈴木 俊(ピアノ)


これはもう本当に楽しみです。今年のハイライトになるんじゃないかしら?!
10年来憧れ続けたピアニスト、高橋全さんとの夢の共演です。高橋さんはあの、知ってるひとは知っている、奄美の唄者朝崎郁恵さんの初代ピアニストで(「おぼくり〜ええうみ」の伴奏の方ですよ〜!)、あたしはもう10代の頃から大大大好きだったので、先日イダピンの音源をお送りしたんです。そしたらなんと高橋さんの方から熱烈なラブコールを送っていただいて、今回のジョイントライブを企画してくださいました016.gifウタのすずしろたまねさんも素晴らしいです。myspaceで彼女のウタを試聴したのですが、目の奥に染み入って熱くなるような、そんなウタでした。ウタに対する想いや、音楽と関わってきたプロセスにも共感するところがあるので、今回ご一緒させていただけて本当にうれしいです。


東京3DAYSは3日間ともナマピアノでお送りいたします☆
とくに13日は、ベーゼンドルファーというドイツのヴィンテージフルコンサートピアノが弾けるということで、鈴木さん、興奮しているもようです。




****************

8/22 Sun @和歌山 PREGO 「おはなしといのりうた」
PREGO night rush
a0153843_21422595.jpg




OPEN/17:00 START/18:00
当日¥1,000(入場時、別途1ドリンク代¥500頂きます)

前回の「お環りなさい」にひき続き、和歌山第2弾です。
このPREGOというのは実は映画館を改装してつくった大型クラブなんですが、今回はなんと絵本作家の松下千恵さんの”語り”とのジョイントライブです。
子どもからお年寄りまで、幅広い層に楽しんでもらえる内容になっていますので、ぜひ気軽にいらしてください!!





******************

ご予約はすべて idatopingala@gmail.com までお願いします☆
日時、お名前、人数をお知らせください。
お待ちしております〜!!


そしてこの22日を最後として、アイルランドへ飛びます。
ちゃんと日本にイダトピンガラの種を蒔いて、いい感じに皆さまの記憶にのこっておきたいんです。

毎年ちゃんと帰ってくるよ〜♪イダピンも続けるよ〜♪
しばらくは「アイルランド在住ミュージシャン」としてやっていきます。かっこいいんとちゃう?

というわけで、ぜひ!ライブにも遊びに来てください041.gif


それにしても・・・・・準備がこまごま大変っていうか、凡ミスが多くて二度手間三度手間をかけて進めています。大事な書類失くして再発行。。とか、無いと思って購入したのに実はあった。。とか。
毎日ひとつは必ず、やらかしてしまいます。
こんなんで大丈夫なんかな?
[PR]
by idatopingala-yuga | 2010-08-01 22:05 | 日記