日々に耳をすまし、うたうように暮らします。イダトピンガラ(vo)優芽の日々の記録。アイルランドと日本を行ったり来たり☆アイリッシュハープは修行中!


by idatopingala-yuga
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

2010年 06月 28日 ( 1 )

素晴らしい夜でした。


雨のなか、それでも会場は超満員!浴衣姿の男女が華やいでいました。

ここでも何度か告知していたイベント「お環りなさい」@BAR NO.11、大盛況で盛り上がりました。
100人はかるくいたよね。200人、いたかな?

主催のモリシマ君をはじめ、このイベントをつくりあげていくんだって、ほんとにアツい想いを持ったスタッフさん、出演者さん、そしてお客さん(だって雨の中浴衣まで着て参加してくれるという積極性!)のおかげで、ほんとうに、素敵な夜になりました。そこがフツウのライブハウスブッキングイベントとはちがうところね。

さて、今回は和歌山です。念願叶って和歌山でした。和歌山はあたしの地元だけれど、ややわけあってなかなかイダピンのライブを実行することができてなかったので、きのうはすごくうれしかった。
ジャムセッションや、企画でちょろっとうたったりはしてたけど、本当に自分らしい「これがあたし達の音楽です」っていうものを、やっと届けることができたなぁって。
聴いてもらいたかったひとたちにも喜んでもらえてよかった♥
それに知っているひともいたけれどお客さんのほとんどが初めてお会いする方々だったので、まったく身内ノリというわけでもなく、ほどよい緊張感をもって挑めました。

そして今回イダピンはなんとプロのヘアメイクさんにプロの写真家さん、そしてイベント全体にもプロの撮影スタッフさんがついてくださって、そのようすを記録に残すことができたので、それがあがってきたらまたここでも紹介したいと思います!
たのしみだなぁ。

その写真家さんからも、他の多くのお客様からも、身に余るようなうれしい感想、お褒めの言葉をいただきました。うれしかったのでかいつまんで紹介させてください。




「あんなに自由に、喜びといっていいのか・・それを表現できるアーティストを見たことがあまりありません。今の時代に足りない要素、必要とされているウタだと思いました」

とか、

「いろんな気持ち、涙が私の中から出てきたよ」とか、「久しぶりに、良いイベントに来たなぁってほんとに思った!」

とか、

「おふたりは最強コンビです!」

とか、立ち去りぎわに

「優芽ちゃんはなんかする娘やと思ってたよ!」とか(笑)


予定調和とかじゃなく、ガチでアンコールもさせてもらって、ほんとありがたいライブでした。

完成したCDも、たくさん買っていただきました。




こういう言葉をかけてもらうとただもうほんとにうれしくて、感謝感謝でありがとうという気持ちでいっぱいになりますが、そこに溺れちゃいけないんです。
というのは、やっぱり大事なのは「自分たちのパフォーマンスの出来がよかった」とかそいういうことではなくて、「お客さんになにか得るものがあったか」だと思うから。
少なくともイダピンは、音楽はギフトだと思っています。
たくさん褒めてもらうと、うれしくてつい「もっと!もっと褒めて!」ってなってしまいがちだけど、賞賛を受けることが目的になってしまったらおしまいです。本末転倒です。
そこは重々気をつけていかないと!!



といっても、やっぱり昨日のことを思い出すと顔がニンマリしてしまいます。
最近ライブがしあわせだけど、
いまだかつてなく、スウィートな夜でした♥





取り急ぎ今日は報告まで。
写真があがったらupしますね〜♪
[PR]
by idatopingala-yuga | 2010-06-28 02:26 | music